Just another WordPress site

設立の大切な理由

株式会社設立の大切な理由について

会社を設立したい、と思ったら、何をするのか、はもちろんのこと、まずは個人事業主でいくのか、合同会社なのか、株式会社なのかの選択が必要となります。
会社経営は安易にできることではありません。会社設立はお金をかけさえすれば割合簡単にできる、ともいえるのですが、その会社で利益をだし、自分のみならず従業員を養い、継続して経営していくことは並大抵の努力ではできません。
どんな会社を設立するのか、だけではなく、強い信念と意思をもって会社を経営していく覚悟があるかどうか、ということがまずは一番大切なことなのです。
株式会社を設立して法人化する場合、やはりその理由を明確に理解しておくことが必要です。
法人化することの長所短所が理解できていると、設立の理由がはっきりしてきます。
まずは長所です。
やはり大きな長所は、社会のなかでの信用度が一番高い、ということです。
取引先を選ぶ場合、個人事業主とは取引をしない、という会社も根強く残っています。
昨今ではフリーランスで実力主義で勝負していくひとが増えつつあり、
一昔前ほどの格差ではなくなっているともいえます。
しかしながら、安定して信用を得られているのは間違いなく株式会社であることは明白です。
信用度という点では、資金調達のうえでも大きく影響していきます。
銀行などから融資をうける場合、個人事業主と株式会社では格段に信用度の差があります。
また、良い人材を確保しやすい、という点でも有利です。
理由は、働き場所を求める人にとっては、給与をはじめ福利厚生の充実など、
生活の安定を求めるのが普通だからです。
また、法人化したほうが多くの節税をすることができます。
欠損の繰り越し年数が長かったり、経費算入項目が多かったり、
何より税金の税率が違います。個人事業主は累進課税であり、利益が多ければ多いほど多く税金をとられていきますが、株式会社は一定税率なのです。
ただし、良いことばかりに目を向けていてはいけません。短所もあります。
従業員を雇うコストはかかりますし、赤字でもランニングコストは必要です。
会社としての必要な書類は多いです。それらを熟考したうえでも法人化する理由を明確にしておくべきです。
売上や見込の事業計画がたてられない場合は、個人事業主から始めるほうが得策かもしれません。
株式会社を設立することが最終目的ではないのです。会社を大きくし、さまざまな困難や課題にも立ち向かい、それらを乗り越えて利益を継続してだしていくために前向きに進む気持ち、覚悟をすることが大切なのです。そして、その覚悟を、一番の設立の理由にすべきなのです。