Just another WordPress site

税理士に依頼する料金

税理士事務所に株式会社設立を依頼する際の相談料金。

税理士事務所では株式会社設立のための支援を行っています。
株式会社設立の際には税務に関する多くの手続きを行う必要があります。
税務に関する書類には税務署への届け出から始まり、都道府県や市区町村への届け出、労働基準監督署への届け出、健康保険組合への届け出など税務に関する物だけでも数多くあります。
税務に関する手続きは専門的で複雑な内容となっているため、専門家に依頼することが最も確実です。
税理士事務所では税務手続きなどをすべて代行して行ってくれます。
株式会社会社設立の際は、事業を順調に進めるためにも税理士事務所と顧問契約を結ぶことをおすすめします。

税理士事務所は税務や会計に関する専門家の集まりです。
依頼者の求めに応じ、税務書類の作成や税務申告の代行、税務相談などを独占事業として行っています。
税務書類の作成とは青色申告など税務署に申告する際の書類作成を税理士事務所が代行して行うことです。
税務申告の代行では、税務の申告を依頼者に代わり届け出を行います。
万一、税務署から税務調査などが行われた際には、責任者として税務調査への立会も行います。
税務相談とは税制優遇措置の活用や経費に関する相談、減価償却に関する相談など税務に関するあらゆる相談に税理士事務所が指導を行うサービスの事です。

税理士事務所に依頼を行う際の料金は、相談内容により細かく設定されています。
会社設立に関する料金は、実費で200000円前後となっています。
相談料金は40000円前後が相場となっています。
会社設立後の顧問料は企業の売上高により料金が設定されています。
年商5000万円以下の場合では20000円前後、年商1億円未満では30000円前後、年商3億円未満では35000円前後、年商5億円以上では50000円前後が相場となっています。
それ以外にも決算申告など基本的なサービス以外を依頼する場合には別途、料金が必要になります。

株式会社を設立する際には税理士事務所と顧問契約を結んでおくことをおすすめします。
事業を効率的に運営していくためには、税理士事務所に会計や税務に関する専門的な仕事を依頼することは必要不可欠となっています。
税金は申告の仕方によっては大きく金額に差が生じます。
税理士事務所は会計や税務に関する専門的な知識を駆使し、適切な納税業務を行ってくれます。
自社内で会計や納税などの作業を行うよりも、費用対効果が非常に高いといえます。
株式会社を設立する際には、事業の円滑な運営を行うためにも税理士事務所と顧問契約を結んでおくようにしましょう。